専門診療

神経内科・難病脳内科 外来診療について

神経内科・難病脳内科のご案内

神経内科及び神経難病医療センターは診療情報提供書(紹介状)をお持ちの方を対象とした完全予約制の外来診療となっております。受診を希望される方は、現在通院中の医療機関の医師とご相談のうえで診療情報提供書(紹介状)を発行して頂き、予約センターで診療予約を行って下さい。
『物忘れ外来』は診療情報提供書(紹介状)が無い方でも受診可能です。ただし完全予約制となっておりますので、物忘れ外来受診を希望される方も予約センターまでご連絡下さい。

物忘れ外来予約センターのご案内
難病脳内科・神経内科対象疾患

難病脳内科・神経内科では、次の疾患の診断・治療を行っています。

神経変性疾患

筋委縮性側索硬化症(ALS)、脊髄小脳変性症、パーキンソン病、進行性核上性麻痺、アルツハイマー病、プリオン病 等

急性に発症する脳炎・脳症

脳炎、多発性硬化症、自己免疫性脳炎、髄膜炎 等

機能性疾患

偏頭痛、緊張型頭痛、てんかん 等

脊椎・脊髄の疾患

変形性頚椎症、変形性腰椎症、急性脊髄炎、亜急性連合変性症、脊髄性進行性筋委縮症 等

末梢神経疾患

ギランバレー症候群、各種のニューロパチー三叉神経痛 等

筋肉病・神経筋接合部の疾患

多発筋炎、周期性四肢麻痺、重症筋無力症 等

脳血管障害

一過性虚血発作、脳梗塞慢性期(急性期病態は脳神経外科にご相談下さい)

神経内科

※診療情報提供書(紹介状)をお持ちの方を対象とした完全予約制となっております。
神経内科外来では、めまい、痺れ、てんかんなどの機能性疾患、慢性期脳血管障害、抹消神経障害、脊椎・脊髄疾患、認知症などの神経内科固有の疾患に加え、内科、整形外科などの他科疾患に随伴する神経合併症の診断と治療に携わっています。

難病脳内科

※診療情報提供書(紹介状)をお持ちの方を対象とした完全予約制となっております。
難病脳内科では主にパーキンソン病、ALS、脊髄小脳変性症(SCD)、進行性核上性麻痺(PSP)などの神経難病にはじまり、多発性硬化症、視神経脊髄炎、ギランバレー症候群、フィッシャー症候群などの免疫性神経疾患などの診療を行っています。

難病脳内科特別外来 ALS相談室

※診療情報提供書(紹介状)をお持ちの方を対象とした完全予約制となっております。
難病脳内科の特別外来としてALS相談室を毎週火曜日の午後に診療を行っています。

神経内科・難病脳内科の受診を希望される方はご予約をされる方、予約の変更をされる方は下記電話番号までお電話頂き、お手続きを行って下さい。

予約センター電話番号 047-774-0026
予約センター受付時間 月~金 9:00~17:00
土日祝日 9:00~12:00
このページのトップへ

神経内科・神経難病医療センター

  • 神経内科・難病脳内科 外来診療について
  • 進行性核上性麻痺の患者様・ご家族・開業医の皆様へ
  • 医師紹介
  • 近著紹介
  • 過去の講演
  • 関連団体リンク