整形外科・リウマチ科

整形外科・リウマチ科から皆様へ

鎌ケ谷総合病院 副院長(整形外科) 望月 猛

望月猛整形外科・リウマチ科では、骨・筋・神経などの運動器の治療を行います。
私が考える整形外科疾患治療の最大の目的は「より快適な日常生活を送れるようにする事」です。
より多くの整形外科疾患でお悩みの方が笑顔で生活出来るよう、スタッフ一同最善を尽くして参りますので、私たちと共に病気を乗り越えましょう。
整形外科・リウマチ科では、次のような疾患を中心に、予防と治療を行っています。もちろん、下記以外の整形外科疾患も取り扱っておりますので、お気軽にお越し下さい。

整形外科・リウマチ科で扱う主な疾患

当院での手術治療は基本的に低侵襲手術(傷口が小さい手術)を心がけており、「最小侵襲人工関節置換術」「関節鏡手術(肩・膝)」「小皮切腰椎手術」などの手術治療を積極的に行っております。
もちろん、下記以外の整形外科疾患も受入しておりますので、お困りの方は整形外科をご受診下さい。

関節疾患 変形性関節症、関節リウマチ、肩腱板断裂、五十肩などの肩疾患
腰椎疾患 腰部脊柱管狭搾症、腰椎椎間板ヘルニア、骨粗鬆症
スポーツ障害 靱帯断裂、膝半月板裂傷、足関節靱帯損傷
外傷 骨折、脱臼
膝軟骨の再生医療
関節リウマチ・膝・股関節の疾患について
人工関節について
脊椎疾患・高齢者の骨折
整形外科のご紹介