各診療科案内

放射線診断科

  • 放射線診断科について
  • 各種装置のご紹介―CT
  • 各種装置のご紹介―MRI
  • レントゲン検査とは?
  • 乳房撮影(マンモグラフィー)とは?
  • 骨粗しょう症の検査
  • X線透視検査
  • ERCP

放射線診断科

X線透視検査

X線を用いて食道や胃、腸等の消化器や骨、関節等を透視し、その様子をリアルタイムにTVモニターで観察しながら画像を撮影する検査です。上部消化管検診をはじめ、各種透視検査及び造影検査を行っています。

上部消化管造影検査の流れ

胃を膨らませるお薬(炭酸ガスの出る粉薬)を少量の水で飲んで頂きます。「げっぷ」が出やすくなりますが、胃袋がしぼんでしまいますので「げっぷ」は検査終了までできるだけ我慢してください。

骨密度測定装置

検査中は放射線技師の指示に従ってバリウムを飲んで頂き、検査を行います。バリウムを胃の壁に良く付着させるために、検査台の上で何度も体を傾けたり回転していただきます。バリウムの付着が十分でないと、小さな病変が見えない場合がありますのでご協力ください。

骨密度測定装置

検査終了後、バリウムは便として排泄されます。排泄を促すために下剤をお渡しします。

上部消化管造影検査の注意事項

【検査前日】

【検査当日】

【検査終了後】

胃造影 食道造影
胃造影 食道造影
注腸検査(大腸造影) 横行結腸~下行結腸 大腸がん
注腸検査(大腸造影) 横行結腸~下行結腸 大腸がん
ERCP  
ERCP  
このページのトップへ