各診療科案内

放射線診断科

  • 放射線診断科について
  • 各種装置のご紹介―CT
  • 各種装置のご紹介―MRI
  • レントゲン検査とは?
  • 乳房撮影(マンモグラフィー)とは?
  • 骨粗しょう症の検査
  • X線透視検査
  • ERCP

放射線診断科

ERCP

ERCPとは、内視鏡的逆行性胆道膵管造影Endoscopic Retrograde Cholangio Pancreatographyの略で、内視鏡を十二指腸まで挿入し、十二指腸乳頭部から、細い管を使って胆管と膵管に造影剤を入れ、レントゲン撮影を行う検査です。

様々な角度で撮影を行い、結石などがある場合はより鮮明に描出するために圧迫して、撮影をすることがあります。

主に、胆管がん、胆道がん、膵臓がん、慢性膵炎、膵管胆管合流異常症などを検査します。

肝臓EOB

肝臓EOBとは肝臓専用の造影剤を使用する検査で、小さな腫瘍まで的確に診断する事が可能です。

頭部MRA検査

頭部の血管の様子を立体画像化する検査が、頭部MRA(磁気共鳴血管造影)検査です。この検査では、頭部の血管を3Dで映し出す事により様々な角度で脳動脈瘤などの疾患を検査する事が可能です。

骨塩定量検査

一般的に骨密度検査と言われる検査です。骨のカルシウムやミネラル成分を測定する事で骨粗鬆症の度合を検査します。

このページのトップへ