各診療科案内

外科

外科 イメージ画像

外科から皆さまへ

鎌ケ谷総合病院 外科の特徴

外科では肝臓・胆道・膵臓・大腸といった臓器の『がん』をはじめ、急性虫垂炎(もうちょう)や鼠経ヘルニア(脱腸)、静脈瘤、切り傷や刺し傷などの外傷など多様な疾患の治療を行っています。特に日本人の死因第一位を占める『がん』に対しては、私を含むがん治療の第一線で活躍してきた医師と医療スタッフが対応し、がん専門病院と同等の手術療法、化学療法、放射線療法、緩和医療を行っています。地域の医療機関で手術から放射線、緩和医療までを扱う施設は多くはなく、様々な診療科が集う総合病院のメリットを最大限活かした総合的な治療も当院の特徴です。

外科イコール手術という怖いイメージが浮かぶ方もいらっしゃるかもしれませんが、当院の外科チームは優しい医師ばかりです。また、外来に来られた方や入院された患者さん、ご家族に安らぎを与え、皆様に寄り添う「親切な病院」を常に目指しおりますので、お困りの際はお気軽にお越し下さい。

自分のために、大切な人のために早期の受診を!

肝臓・胆道・膵臓・大腸などの消化器に生じる『がん』をはじめとした病気、外傷(切り傷、刺し傷などの体表のケガ)、急性虫垂炎(もうちょう)痔核・痔ろう、鼠径ヘルニア(脱腸)、足の静脈がボコボコと浮き出る下肢静脈瘤などでお困りの方はお気軽にお越し下さい。

特に近年急速に患者数が増えつつある肝臓、胆道、膵臓などの病気は軽い腹痛や倦怠感などの些細な症状から診断に至ることが多々あります。「しばらく様子をみよう」と放っておいたがために病気が進行してしまうこともありますので、些細なことでも早めに受診することをお勧めします。

傷が小さく早期退院が期待できる手術を行っています

当院では腹腔鏡手術を活用し、胃がんや大腸がんに代表される腹部のがん、鼠経ヘルニアの治療を行っております。腹腔鏡手術は開腹手術よりも手術に伴う切開が小さいため、早期の社会復帰が期待できる手術です。手術に関しては患者さまの希望と体の状態を最大限考慮して行いますので、手術を受けられる方は治療に関する疑問や希望を遠慮なく主治医にお伝え下さい。

外科 週間外来予定表

外来診療予定はこちらの週間外来予定表でご確認下さい。

外科のご紹介
-->