各診療科案内

外科

消化器がんの治療 手術療法、化学療法、放射線治療

鎌ケ谷総合病院 外科では、がん治療専門病院では対応困難な『様々な合併症をお持ちの方』に対しても総合病院の利点である『様々な診療科と連携したがん治療』を実践しています。ここでは、外科が行う消化器がんの手術療法について解説致します。

腹腔鏡手術

CT・MRI

腹腔鏡手術では、胸部や腹部に5~12mm程度の穴(切れ込み)を開け、そこから内視鏡カメラと医師の指先となる鉗子(鉗子)を挿入し、腹腔内の様子をモニターで見ながら鉗子を操作して手術を行います。従来の開腹手術のように大きくお腹を空けないため、手術に伴う身体的負担を抑えられ、入院期間の短縮が期待できます。また、手術に伴う傷跡も小さくて済むため、美容的にも優れているという特徴もあります。

内視鏡検査

ただし、腹腔鏡手術は「開腹手術に比べて手術時間が長くなる」、「手術に伴う出血の度合いや患部の状態によっては途中で開腹手術に移行する事もある」といったリスクがあります。また、進行胃がんや肝臓がん、膵臓がん、巨大な腫瘍、他の臓器への浸潤があるがんの手術は開腹手術の方が適しているため、腹腔鏡手術が全てにおいて開腹手術よりも優れているという訳ではありません。

腹腔鏡手術の傷について

腹腔鏡手術の際は、対象となる臓器によって、切開する部位と数が異なります。大まかなイメージは次のイラストを参考にして下さい。左のイラストは手術時に開ける穴の位置と大きさを、右のイラストは手術で切除した臓器を取り出す際に切開する位置と大きさを示しています。お腹のイラストに描かれた矢印が鉗子やカメラを挿入するための穴になります。

上向結腸がんの腹腔鏡手術
1.上向結腸がんの腹腔鏡手術

S状結腸がんの腹腔鏡手術
2.S状結腸がんの腹腔鏡手術

早期胃がんの腹腔鏡手術
3.早期胃がんの腹腔鏡手術

開腹手術

開腹手術

開腹手術とは、その名の通りお腹を切開して行う手術方法です。切除する範囲が広い場合や、腹腔鏡手術が困難な臓器は開腹手術で治療を行います。
腹腔鏡手術と違い、執刀医が自らの『目』と『手』で患部を広く見渡しながら直接臓器を触って手術を行いますので、不意の出血にも迅速に対処出来るというメリットがあります。
また、進行胃がんや肝臓がん、膵臓がん、巨大な腫瘍、他の臓器への浸潤があるがんに関しては開腹手術が適しています。

このページのトップへ