各科診療科案内

泌尿器科について

レーザーによる尿路結石治療

レーザーによる尿路結石治療を行っています

腎臓、尿管、膀胱、尿道に結石が出来ることを総称して「尿路結石」と言います。結石の出来る場所や大きさによって症状が異なり、結石が腎臓にあるうちは痛みなどの自覚症状があまり出ないと言われていますが、結石が尿と共に尿管に移動すると下腹部や腰背部から側腹部に強い痛みや吐き気、血尿等の症状が現れます。

腎結石

自覚症状が乏しく、検診や別の病気の検査などで偶然見つかることが多々あります。
一口に腎結石と言っても腎臓のどこに、どのような結石が出来たかで塵肺結石や腎盂結石、サンゴ状結石などに分けられます。

尿管結石

尿管に結石が詰まると腰背部に強い痛みや吐き気を感じます。また、頻尿や残尿感が現れることもあります。

膀胱結石

結石が中々排出されず、膀胱内で大きくなるのが膀胱結石です。排尿痛や血尿、尿が濁る、頻尿等の症状が現れます。

尿道結石

下腹部痛や排尿時の強い痛み、血尿、尿が出にくい、尿が出なくなる等の症状が現れます。

鎌ケ谷総合病院 泌尿器科では、これらの尿路結石に対して新世代の結石治療用ホルミウムヤグレーザー(Sphinx Jr. LISA LASER社)を活用したTUL(経尿道的尿管砕石術)を行っています。この治療では尿道から内視鏡を挿入し、モニターで結石を確認しながらレーザーで結石を砕き、砕いた結石をバスケット鉗子で回収して体外に取り出します。

尿道から専用の器具を挿入し、モニターで結石を確認しながら結石を砕きます

以前当院で行っていた衝撃波で結石を砕くESWLという治療法では砕かれた結石の破片が自然排出されるのを待つ必要がありましたが、レーザー治療では砕いた結石の破片をその場できれいに取り出せる、モニターで確認しながら結石を砕くためESWLに比べて治療成績の向上が期待できるという特徴があります。

TUL(経尿道的尿管砕石術)のメリットとデメリット
メリット

・結石をモニターで見ながら砕石するためESWLよりも治療成績が優れている。
・治療効率が良く、基本的に一回の治療で終了となる。

デメリット

・全身麻酔での治療となる。
・4日間程度の入院が必用となる。

このページのトップへ