各診療科案内

脳神経外科 脊椎脊髄治療部門

  • 歩行時に下肢にしびれや痛みを感じたら①~腰部脊柱管狭窄症について~
  • 歩行時に下肢にしびれや痛みを感じたら②~腰椎すべり症について~
  • 手足のしびれを感じたら~脊椎脊髄疾患について~
  • 切開と出血が少ない低侵襲脊椎脊髄手術のご紹介

歩行時に下肢にしびれや痛みを感じたら①~腰部脊柱管狭窄症について~

腰部脊柱管狭窄症と間欠性跛行(かんけつせいはこう)

加齢や、過度な負荷が原因で、脊椎(背骨)の腰の部分である『腰椎』に次のような変化が現れることがあります。

  1. 椎間関節の肥厚
  2. 黄色靭帯の肥厚
  3. 椎間板の亀裂や膨隆、突出

これらの症状が進行すると、脊椎の中を通る神経のトンネル『脊柱管』と、神経に併走する血管が圧迫されて「腰痛」「足の痛み・しびれ」といった症状が現れます。その様な状態のことを『腰部脊柱管狭窄症』といいます。

症状は?

腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状としては『下肢の痛み・しびれ』が挙げられます。
特徴的なのは、安静時は特に症状がなくても、ある程度の時間歩き続けると足に痛みやしびれが現れ、少し休むと治る『間欠性跛行』という症状も現れます。この症状が進行すると、歩ける距離が徐々に短くなり、立っているだけでも強い痛みを感じる、排尿障害(尿が出にくい、または尿漏れ)が出る場合もあります。

圧迫される部位による差
1.神経根が圧迫される場合

下の図にある左右どちらかの『神経根』が圧迫されると、圧迫された方の腰から足にかけて痺れや痛みといった症状が現れます。

2.馬尾(ばび)が圧迫される場合

馬尾という神経の束が圧迫される場合は、神経根が圧迫された場合よりも症状が重く「下肢のしびれ」「麻痺」「脱力」「頻尿または尿が出にくい」といった症状が現れます。

いずれも、前傾姿勢では症状が軽くなり、背骨を後ろに反らすと脊柱管が圧迫されて痛みが出現するといった特徴的な現象が見られる場合もあります。

診断と治療

腰部脊柱管狭窄症は、主にレントゲンや腰椎MRI検査で診断を行います。

軽度と診断された場合

検査の結果、軽度と診断された場合は次のような保存的治療を行います。

重症と診断された場合

基本的には上記の保存的治療を行いますが、重症と診断された場合は患者さまと相談のうえで手術治療を行います。