各診療科案内

脳神経外科 脊椎脊髄治療部門

  • 歩行時に下肢にしびれや痛みを感じたら①~腰部脊柱管狭窄症について~
  • 歩行時に下肢にしびれや痛みを感じたら②~腰椎すべり症について~
  • 手足のしびれを感じたら~脊椎脊髄疾患について~
  • 切開と出血が少ない低侵襲脊椎脊髄手術のご紹介

歩行時に下肢にしびれや痛みを感じたら②~腰椎すべり症について~

腰椎すべり症

椎間板を挟んでいる上下の椎骨がズレてしまう病気を「腰椎すべり症」といいます。
腰椎すべり症になると、ズレてしまった骨によって「馬尾」や「神経根」が圧迫されて下肢に痛みやしびれが現れます。

腰椎すべり症の種類

腰椎すべり症は次の二つに分ける事ができます。

1.加齢に伴う椎間板や、椎間関節の変性が原因となる「腰椎変性すべり症」

「腰椎変性すべり症」の場合は、歩行によって下肢の痛みやしびれが現れる「間欠性跛行」や排尿・排便障害が現れます。

2.腰椎分離症から、椎間板の変性が進行して発生する「腰椎分離すべり症」

「腰椎分離すべり症」の場合は、繰り返す腰痛や、慢性的な腰痛と下肢の痛みが現れる事が多く、重症の方以外は排尿・排便障害はあまりみられません。

診断と治療

腰部脊柱管狭窄症は、主にレントゲンや腰椎MRI検査で診断を行います。

軽度と診断された場合

検査の結果、軽度と診断された場合は次のような保存的治療を行います

重症と診断された場合

『腰椎変性すべり症』の場合は、神経を圧迫している部位を切除する神経除圧術や椎骨を金属瀬の固定具で固定する脊椎固定術などを行います。

『腰椎分離すべり症』の場合は、主に脊椎固定術を行います。