各診療科案内

脳神経外科 脊椎脊髄治療部門

  • 歩行時に下肢にしびれや痛みを感じたら①~腰部脊柱管狭窄症について~
  • 歩行時に下肢にしびれや痛みを感じたら②~腰椎すべり症について~
  • 手足のしびれを感じたら~脊椎脊髄疾患について~
  • 切開と出血が少ない低侵襲脊椎脊髄手術のご紹介

手足のしびれを感じたら~脊椎脊髄疾患について~

一言に『しびれ』と言っても、ジンジン、ピリピリする感覚や、触れた感覚がよく分からないといったものなど、その症状は様々です。
また、症状と同様に原因も様々であるため、簡単に決めることはできません。

『しびれ』が現れる代表的な疾患

治療が必要となる『しびれ』もあれば、そうで無い『しびれ』もあります。
治療が必要なしびれの場合、早めに治療に取り掛かる方が回復の程度が良い傾向にありますので、心当たりのある方は、一度は診察を受け、しびれの原因を特定する事をお勧めします。

脊椎脊髄疾患とは

脊椎(せきつい)とは、いわゆる背骨のことを指します。
脊椎は多くの椎骨という骨が椎間板(ついかんばん)というクッションを挟んで首からお尻までつながっており、その中を脊髄(せきずい)という神経が通っています。
また、脊椎の首の部分を頚椎(けいつい)、腰の部分を腰椎(ようつい)といいます。

脊椎脊髄疾患は、加齢などが原因で骨や椎間板の変形が進み、神経を圧迫することで起こる病気です。その他にも、後縦靭帯骨化症、腫瘍といった病気もありますが、ここでは私達「脳神経外科脊椎脊髄疾患治療部門」が担当する病気について解説します。

頚椎の構造

先ず始めに、頚椎の構造について説明します。
先にも述べた通り、『脊椎(背骨)』の首の部分を『頚椎』と呼びます。
イラストのように、骨と骨の間にはクッションの役割となる『椎間板』があり、脊椎の中を、脳からの指令を身体の各部分に指令を伝える『脊髄』が通っています。
脊髄からは『神経根』という神経が出ています。

頚椎症

頚椎症は、頚椎の老化変化が原因で引き起こされる症状です。
加齢によって骨が変形して『骨棘(こつきょく)』という突起ができ、脊髄や神経根という神経を圧迫、もしくは刺激を与えることで『しびれ』『痛み』『脱力』などの症状を発症します。

頚椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、骨と骨の間でクッションの役割を果たす椎間板の一部が飛び出し、脊髄や神経根を圧迫することで『しびれ』『痛み』『脱力』などの症状を発症します。
主な原因は老化によって、椎間板自体が脆くなるためですが、外から強い力が働くことで発症する場合もあります。