後期研修医募集

後期専門医研修をお考えの皆様へ

山本穰司
鎌ケ谷総合病院
院長 山本穰司

後期専門医研修施設の選択において重要な事は何か。
一人前の医師になる上で、後期研修をどの様に過ごすかで医師としての成長曲線が決まってきます。

鎌ケ谷総合病院は平成19年9月に開院した248床の比較的新しい病院ですが、アクティビティが非常に高く、平日平均外来数は約850名、救急搬送件数月500件以上、手術件数月250件以上にのぼり、千葉県の東葛地域において重要な拠点病院として成長してきました。

症例数、手術件数が多いということは、研修する上で大変重要な項目です。例えば、外科系医師の場合、医師一人に対しての経験手術症例数は、大学病院での研修とでは比較になりません。医師の中には、専門医資格を取得しているにも関わらず、実際の経験が少ないために、現場で活躍する機会の無い医師も数多くいます。
専門医の資格を取得することは、資格に値する治療・手術が出来るという事です。私達には、本来の意味での「専門医」を育てる風土と土台があります。

最も重要であり、貴重な後期専門医研修をどう過ごすか。
自ら学び、成長を遂げ、医師としての人生を私たちと共にデザインしましせんか。