医療TOPICSTopics

ハイブリッド手術室

鎌ケ谷総合病院では2021年9月よりハイブリッド手術室の運用を開始しました。
心臓や脳の血管を撮影する高性能な透視装置と、無影灯(照明)や手術台を備え、手術室とカテーテル検査・治療室の機能をそれぞれ合わせ持った設備を『ハイブリッド手術室』と言います。
ハイブリッド手術室は血管内治療と外科手術に対応しているため、心臓血管外科が行う「大動脈ステントグラフト内挿術」や、脳神経外科・脳血管内治療センターが行う「脳梗塞や脳動脈瘤の血管内治療」といった、高度な治療をより安全に行うことが可能になりました。

心臓血管外科 脳神経外科 脳血管内治療センター