緩和ケア病棟 なごみPalliative_care

緩和ケア病棟 なごみ

緩和ケア病棟なごみ 2022年秋 リニューアルオープン

緩和ケア病棟なごみの詳細は後日改めてご案内差し上げますす。今暫くお待ち下さい。

 

2015年3月、鎌ケ谷総合病院は「地域からがん難民を出さない」ことを目的に、病院9階に緩和ケア病棟を新設。がん治療を終えた患者さんの心身の苦痛を可能な限り和らげ、残された時間を自分らしく、穏やかに過ごして頂きたい、そんな願いから「なごみ」と名付けられた緩和ケア病棟では、院内外から多くの患者さんを受入れ、緩和医療を展開して参りました。

昨今の新型コロナウイルス感染症の流行以降は一時的に緩和ケア病棟の受入れを制限せざるを得ない状況が続いておりましたが、新型コロナウイルスワクチン接種が進み、また、多くの方々が感染予防に対して理解と協力をして下さったことで、緩和ケア病棟再開に舵を切る事ができました。

現在は今秋のリニューアルオープンに向け、病棟の工事に加え、より便利に安心して緩和医療を受けて頂ける体制作りを進めております。

緩和ケア病棟なごみ概要

見晴らしが良く、静かな病院9階で四季を感じながら緩和ケアを受けて頂けます。
富士山とスカイツリー、筑波山を臨むラウンジにはキッチンを併設。また、ご家族との大切な時間をお過ごし頂くための個室も完備しております。

病床数

有料個室(特別室含む) 8床
一般個室 11床

緩和ケア病棟の対象となる方

  1. 原則として患者さん、ご家族が病名と症状を理解し、症状緩和のための入院であることを理解していること
  2. 悪性腫瘍に対する積極的治療を終えた方
  3. 悪性腫瘍に対する積極的治療を希望されない方

緩和ケア病棟 なごみ
緩和ケア病棟 なごみ