消化器科Gastroenterology

専門医療・TOPICS

主な内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)と内視鏡治療

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

内視鏡カメラを口から(経鼻内視鏡の場合は鼻の穴から)挿入し、食道、胃、十二指腸を観察することで炎症や潰瘍、腫瘍(ポリープやがん)などの病気を見つける検査です。ポリープや内視鏡的に切除可能な早期がんの切除も可能であるほか、吐血や下血の止血目的で検査を行った場合は、出血源に対して止血術も行います。また、経口摂取が困難な方に内視鏡的胃瘻増設術(PEG)も行っております。
※鼻からの内視鏡(経鼻内視鏡)を希望される方はお申し出下さい。

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

肛門から内視鏡を挿入し、大腸(直腸、S状結腸、下行結腸、横行結腸、上行結腸、盲腸)と小腸の一部(回腸末端)を観察し、炎症や潰瘍、腫瘍(ポリープやがん)等の病変を調べる検査です。 必用に応じて胃カメラと同様に組織を採取しての検査、ポリープや早期がんの切除を行います。

内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査(ERCP)

特殊な内視鏡を十二指腸まで挿入し、その先端から更にカテーテルという細い管を伸ばして胆管や膵管の造影検査を行います。胆管がん、胆嚢がん、膵臓がんや、総胆管結石の診断と治療で活用しています。

診療予約
予約センター
予約受付時間平日9:00-17:00土曜日9:00-12:00