泌尿器科Urology

前立腺肥大症について

前立腺は男性にのみ備わるクルミ程度の大きさの器官です。膀胱のすぐ下にあり、前立腺の中央を尿道が貫くように通っています。
この前立腺の内腺(尿道を取り囲む組織)が何らかの影響で肥大することを「前立腺肥大症」といい、55歳以上の日本人男性の約2割がこの病気にかかると言われています。前立腺肥大症は加齢や男性ホルモンが影響している事は明らかですが、根本的な原因はわかっていません。
前立腺肥大症は良性の腫瘍で、前立腺がんのように転移したり、周辺の組織にひろがったりすることはありません。また、前立腺肥大症が進行して前立腺がんになる事は無いと言われています。

前立腺肥大症の症状

前立腺肥大症になると次のような症状が現れる事があります。

①残尿感

排尿後も尿が出きっていない、残っているような感じがする。

②頻尿

平均的な排尿の回数は昼間は4~5回、夜間は2回前後ですが、その倍以上の回数トイレに行くような状態。

③尿途絶

排尿時に尿が途切れる。

④切迫症状

我慢できない尿意や排尿を我慢できず漏れる事がある。

⑤尿の勢いの低下

尿の勢いが弱くなる。

⑥排尿困難

排尿に時間がかかる・中々出てこない等、うまく排尿できない状態。

前立腺肥大症の検査

前立腺肥大症が疑われる場合、次の検査を行います。

①自覚症状の評価

国際前立腺症状スコア(IPSS)とQOLスコアというチェックリストと、問診で自覚症状を評価します。

②直腸内指診

肛門から指を入れて前立腺を触診します。

③尿検査/尿量測定

採尿により血尿や感染の有無を検査します。また、トイレ型の検査機器に排尿して頂き、尿の勢いや尿量、排尿にかかる時間を検査します。

④PSA検査

採血により、血液中の前立腺に特異的なタンパク質「PSA(Prostate Specific Antigen)」の値を測定します。健康な方のPSAはおおよそ2ng/mL以下ですが、加齢にともなう前立腺の肥大や炎症により増えることがあり、4ng/mL以下が標準値とされています。

前立腺肥大症の治療

前立腺肥大症と診断された場合、患者さまの状態に合わせて次のような治療を行います。実際に治療を受ける際に不安や疑問がある場合は遠慮なく主治医にご相談下さい。

①薬物療法

排尿障害を改善する「α1ブロッカー」、肥大した前立腺を小さくする「ホルモン剤」、切迫症状(我慢できない尿意)や過活動膀胱の改善を図る「抗コリン剤」をはじめ、植物製剤や漢方などを状態に応じて使い分けます。

②手術療法

切開が小さい内視鏡手術により、肥大した前立腺を削ります。
ごく稀に前立腺が非常に大きい場合は開腹手術となる事もあります。