心臓血管外科Cardiovascular surgery

専門医療・TOPICS

心臓血管外科で扱う主な疾患

鎌ケ谷総合病院心臓血管外科では、外来での飲み薬やリハビリによる治療をはじめ、ステントグラフトによる治療など、豊富な選択肢から治療を提供しています。また、医療用接着剤(グルー)を使用した下肢静脈瘤の「グルー治療」も行っています。

虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)

心臓に血液を送る冠動脈という血管が動脈硬化などによって狭くなる、もしくは塞がってしまう病気を総称して虚血性心疾患といいます。代表的な症状としては。胸に痛みや締め付けられるような感覚、圧迫感などを感じるというものが挙げられますが、気付かないまま進行することもあります。
特に心臓に栄養を送る血管が閉塞してしまう「心筋梗塞」には一刻も早い治療が必要で、手首や鼠径部からカテーテルという細い管を挿入して閉塞した血管を治療する心臓カテーテルや、手術によって閉塞した血管を迂回するように新しい血管を繋ぐ「冠動脈バイパス術」による治療を行います。軽症であれば飲み薬による治療と生活習慣病に対する治療が有効とされています。

弁膜症

心臓には効率よく、力強い血流を全身に送り出すために血液の流れを整える「弁」があります。この弁が固くなって上手く動かずに流れが妨げられる「狭窄症」や、弁がずれてうまく閉じない「逆流症」「閉鎖不全症」などを引き起こした状態を「弁膜症」といいます。 初期の弁膜症は自覚症状が少ない事が多く、病状の進行と共に歩行時の息切れ、胸の痛み、胸がしめつけられるような感じ、胸が重くるしい感じ、足のむくみなどの症状が現れます。
心臓の出口にある大動脈弁の狭窄症は重症化する突然死のリスクが高い事が知られています。軽症の間は定期的な受診で経過を観察しながら、状態に合わせてお薬による治療を行いますが、心臓の負担が大きくなったら手術による治療を検討します。
手術には人工心肺という生命維持装置を使用して壊れてしまった弁を修復する「弁形成術」、壊れてしまった弁を人工弁に置き換える「弁置換術」、人工心肺を使用せずにカテーテルで人工弁を体内に留置するTAVI(タビ)などの治療方法があり、患者様の状態に合った治療を行います。

大動脈瘤・大動脈解離

大動脈には非常に圧の高い血液が常に流れています。そんな大動脈が動脈硬化などで弱くなってしまうと、その部分が血液の圧に負けて膨らんだり、大動脈の内側が裂けたりしてしまいます。前者のような状態になることを「大動脈瘤」、後者を「大動脈解離」と言います。
これらの病気が放置されると、最終的には大動脈が破れて突然死したり、重要な臓器に血液が流れなくなって命に危険が及ぶ場合もあります。大動脈瘤は重症であっても症状が出ない事が殆どですが、大動脈解離になるとは背中や胸の激痛を伴って発症する事が多いという特徴があります。
大動脈瘤が小さいうちは飲み薬で血圧を厳しく管理しますが、破裂の危険性が高いとされる大きさに膨らんでしまった場合は手術が必要です。
大動脈瘤や大動脈解離の手術では、弱くなった血管を人工血管付きのステント(ステントグラフトと言います)によって、血管の内側から補強する「ステントグラフト内挿術(EVER/TEVER)」や、患部の血管を外科的に切除して人工の血管に繋ぎ替える「人工血管置換術」などの治療を行います。

末梢血管疾患(慢性閉塞性動脈硬化症・大腿動脈瘤など)

心臓から流れてきた血液の「最も下流」に当たるのが足の血管です。動脈硬化により、大動脈や大動脈から足に繋がる血管や、足の中の血管が狭くなってしまい、足に十分な血液が供給されなくなる病気を「慢性閉塞性動脈硬化症」と言います。慢性閉塞性動脈硬化症になると、歩行時に足に重いような痛みが徐々に出て歩けなくなってしまう「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」という症状が現れます。
飲み薬と生活習慣病の管理、歩行を中心としたリハビリを中心とした治療を行いますが、これらの治療で症状の改善が不十分な場合は、カテーテルによって狭くなった足の血管を広げる治療や、狭くなった血管を人工血管で跨ぐようにバイパスする手術を行います。
この病気になる患者様は「脳梗塞」や「心筋梗塞」などの命に係わる血管の病気を引き起こしやすいため、外来通院でそれらの原因となる病気の治療も併せて行う必要があります。

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤は足の静脈に備わる血液の逆流を防ぐための「弁」が不調をきたすことで、本来は心臓に戻るはずの血液が足の静脈内に溜まってしまい、静脈が膨張してボコボコとコブのようになる病気です。当科では医療用接着剤で問題のある血管を塞ぐ「グルー治療」で下肢静脈瘤の治療を行っています。

この治療方法は2019年12月に保険適用になった治療方法で、熱によって血管を塞ぐラジオ波(高周波)による血管内焼灼術よりも周辺組織への影響や痛みが少ないという特徴があります。また、TLA麻酔(局所麻酔)が不要となるため針を刺す回数が減り、麻酔浸潤時の痛みや術後圧迫の必要性も低減されています。ただし、医療用接着剤に対するアレルギーやアレルギー体質の方は別の治療方法を選択する場合もあります。

①カテーテルを問題のある静脈に挿入します。

②血管内に接着剤を注入しながら血管を圧迫して塞いでいきます。

③問題のある血管が接着剤でふさがれました。

④カテーテルを抜き、絆創膏を貼って治療終了となります。

診療予約
予約センター
予約受付時間平日9:00-17:00土曜日9:00-12:00