放射線治療科・放射線治療センターRadiation therapy

専門医療・TOPICS

鎌ケ谷総合病院のトモセラピーの特徴

鎌ケ谷総合病院放射線治療科では、放射線治療の次の一手として最新のトモセラピー装置Radixactを導入。2022年5月より運用を開始しました。
トモセラピーとは放射線治療装置にCT(コンピュータ断層画像)撮影機能を搭載した最新の放射線治療システムで、従来の放射線治療に比べ、よりピンポイントの照射が可能です。これにより『がんへの線量の集中化(治療効果の向上)』と『正常組織に与えるダメージの軽減(副作用の軽減)』が期待でき、患者さんにやさしい治療を提供する事が可能になりました。

特徴①IMRT(強度変調放射線治療)が得意

IMRT(強度変調放射線治療)とは、がんの位置や大きさに合わせて放射線量や強さを変化させる照射方法です。正常な臓器を避けながら、がんの複雑な形状に合わせて360度全方向から放射線を照射します。トモセラピーはこのIMRT(強度変調放射線治療)を得意としています。

特徴②高精度な位置合わせで狙い撃ち

トモセラピーに搭載されたCT機能を照射時の位置合わせに利用するため、照射直前にCTでがんの位置を3次元的にとらえ、ズレを修正し、正確にがんを狙い撃つことが可能になりました。これをIGRT:画像誘導放射線治療といいます。また、前立腺や肺、肝臓、膵臓などの照射部位の呼吸による動きを予測して『追尾照射』するシステム(シンクロニ―)を搭載しています。

特徴③広い治療範囲

複数のがんを同時に治療する事が可能なだけでなく、比較的大きながんにも対応可能です。

特徴④活気と癒しを与える治療環境

放射線治療センターは鎌ケ谷総合病院の地下、最も深い場所にあります。安全面を考慮すれば最適なレイアウトではありますが、地下ならではの閉塞感は恵まれたロケーションとは言えません。そこで私達は、患者様がゆったりと治療を受けられる環境を作るために、スカイファクトリーが提供するルミナススカイシーリングを導入しました。ルミナススカイシーリングは、本当の空を見ているかのような写真のイリュージョンを活用したバーチャルスカイライトです。これにより閉塞感のあるトモセラピー専用室が奥行と広がりのある空間となり、リラックスした状態でトモセラピーを受けて頂けます。

治療の流れ

放射線治療科は完全予約制です。診療情報提供書をご用意頂いた上で下記にお電話下さい。

※医療機関からの治療のご依頼、患者さまからのご依頼ともに下記で受け付けております。

※入院での放射線治療も承っております。主治医の先生もしくはご担当部署からお電話下さい。

【放射線治療科直通TEL/FAX】

047-773-0088

電話受付時間:月~金曜9:00~17:00 ※祝日除く

 

<診療情報提供書の必須事項>

医療機関の先生方へ。診療情報提供書には下記を必ず記載願います。

①採血結果

②がんの組織型、TMN分類、病期の記載

③手術結果、特に遺残腫瘍や断端陽性の有無と部位

④告知内容と全般的な治療方針など、患者さまへの説明内容

⑤放射線治療歴の有無と内容(治療を実施した施設名等)

⑥照射にあたってのご希望や簡単な病歴(手術歴、化学療法歴、基礎疾患歴)

 

<治療の流れ>

①診察

外来診察でトモセラピーによる放射線治療が可能かどうか判断します。必要に応じて追加の検査を行う場合もあります。

②治療計画

治療計画用のCTで検査を行います。治療部位により専用の固定具を作成する場合があること、身体に治療時の目安となる印を書かせて頂くことをご承知おき下さい。患者さまの状態を精査した上で治療日程を決めます。

③治療

治療範囲を確認するためにCT検査を行い、照射位置を正確に合わせた後に実際に放射線治療を行います。一回の治療時間は概ね20分程度です。体の負担を減らすために複数回に分けて治療します。

④診察

放射線治療中は週1回の間隔で放射線治療専門医が診察し、副作用の確認をしながら治療を進めます。

⑤治療終了

放射線治療終了後は治療こうかと副作用を確認するため、CTやMRIなどの検査を定期的に行い、経過観察を行います。

 

放射線治療の対象となる疾患

当院での放射線治療(外照射)の対象となる疾患は下記の通りです。根治・術後照射はもちろん、症状の緩和目的で行う「緩和照射」も行っています。放射線治療による症状緩和効果は「症状を持つ方の約7割」で得られるとされています。

<根治・術後照射の適応>

中枢神経

・脳腫瘍 ・脊髄腫瘍

頭頸部

・歯肉がん ・舌がん ・咽頭がん ・唾液腺腫瘍 ・上顎洞がん ・頭頸部腫瘍術後照射

胸部

・肺がん ・乳がん ・縦隔腫瘍

消化器

・食道がん ・肝臓がん ・胆管がん ・膵がん ・大腸がん ・直腸がん ・肛門がん

泌尿器

・前立腺がん ・膀胱がん ・尿管がん ・腎がん

婦人科系

・子宮頸がん ・膣がん ・外陰がん

その他

・難治性ケロイド ・悪性リンパ腫 ・皮膚がん ・骨転移 ・リンパ節転移

<緩和照射の適応>

脳転移・眼球など

・頭痛 ・各種神経症状 ・意識障害 ・摘出術後の照射

骨転移

・疼痛 ・麻痺 ・骨折(予防)
固定術後も残存、播種腫瘍の制御が必要です

肺転移

・閉塞性肺炎 ・喀血 ・疼痛

肝転移

・疼痛 ・閉塞性黄疸 ・門脈腫瘍栓

リンパ節

・疼痛 ・上大静脈症候群 ・腫瘍圧迫による症状

消化器系

・疼痛 ・腫瘍出血 ・通過障害

泌尿器系

・疼痛 ・腫瘍出血 ・通過障害

放射線治療セカンドオピニオン

2021年7月より放射線治療のセカンドオピニオンを開始しました。
セカンドオピニオンは「立場が異なる主治医以外の医師」に、現在受診中の医療機関で受けている治療や診断に関する相談をすることで「治療の比較」「より適している治療を患者さまご自身が選択する切っ掛け」「患者さまが病気や病気治療への理解を深められる」といったメリットがあるとされています。
当院では毎月第2、第4土曜日午前中に放射線治療セカンドオピニオンを行っておりますので、ぜひご活用下さい。

担当医

放射線治療セカンドオピニオン担当医
吉田次男 放射線治療科部長

内容

放射線治療をこれから受ける方を対象に、第三者の立場で治療に関する相談を行います。
セカンドオピニオンはあくまで「相談」であるため、紹介受診のように診療を引き継がないこと、費用は自費となる事を予めご承知おき下さい。
また、既に治療を終えている方、裁判等の資料として希望する方、故人が受けた治療の評価を希望する方は対象外となります。

申込方法

現在治療を受けている医療機関に「セカンドオピニオン」を希望する旨をお伝え頂き、放射線治療科宛ての「診療情報提供書(紹介状)」「これまでの検査結果」等をご用意下さい。 診療情報提供書がお手元に届きましたら下記にお電話のうえ予約を行って下さい。

放射線治療セカンドオピニオン申込み

予約センター047-774-0026(直通)
※必ず「放射線治療セカンドオピニオンを希望する」旨をお伝え下さい。
診療予約
放射線治療センター直通
電話受付時間:月~金 9:00~17:00
直通番号に繋がらない場合は病院代表番号047-498-8111 にご連絡下さい。
※放射線治療自体のご予約は医療機関発行の診療情報提供書(紹介状)をお持ちの方が対象となります。
※治療や受診方法についてのご質問も受け付けております。